TASCAM ML-32D タスカム 32ch Analog Dante Converter『ML-32D』は、1Uのコンパクトなサイズで32チャンネル アナログライン入力/出力信号をDanteに変換するコンバーターです。Danteはリダンダント(Primary/Secondary)にも対応。アナログライン入出力はD-sub端子を標準装備。16チャンネル アナログライン入力/出力信号をDanteに変換する『ML-16D』もラインナップし、幅広いニーズ対応します。

Danteについて

Danteとは、Audinate社が開発した伝送プロトコルです。ギガビットイーサネット規格に基づいたネットワークにおいて、多チャンネル伝送(512ch IN/512ch OUT)や高精度でのクロック同期などを可能としています。Danteの詳細については、Audinate社ウェブサイトをご覧ください。

32チャンネル アナログライン入出力

Danteインターフェース標準装備 Dante Primary/Secondaryを搭載しリダンダントに対応
AES67にも対応。RavennaなどAES67と互換のあるネットワークオーディオとも接続可能
Dante Controllerを使用してフレキシブルなるルーティングが可能

最高 96kHz/24bitに対応

アナログ入出力信号のレベル監視が可能なシグナル/オーバーロード・インジケーター搭載
設備用途、PA、放送局など様々なシーン対応可能な5段階のリファレンスレベルの設定が可能
機器の故障やエラーなどを知らせるSTATUSインジケーター搭載
Danteインターフェース経由でのファームウェアアップデートが可能
ライン入出力端子としてD-sub 25pinを標準搭載
1U ラックマウントサイズ
オプションのD-sub⇔Euro blockブレイクアウト・ボックスを使用することで設備用途へ最適なEuro Blockコネクタに対応
オプションのD-sub⇔XLRブレイクアウト・ボックスを使用することでステージボックスとしての用途など汎用性のあるXLRコネクタに対応

アナログ

チャンネル数 32ライン入力/32ライン出力

デジタル

サンプリングレート 44.1k/48k/88.2k/96k Hz
ビット長 16bit/24bit

アナログ入出力

ライン入力

コネクター D-sub 25pin メス
コネクター インチタイプ No.4-40 UNC
ピンアサイン AES59-2012に準拠TASCAMピンアサイン
規定入力レベル +4dBu、
+6dBu(最大入力レベルが+15dBuのときのみ)
最大入力レベル +24dBu、+22dBu、+20dBu、+18dBu、+15dBu
(REF. LEVEL切り換えスイッチの設定による)
入力インピーダンス 10kΩ以上

ライン出力

コネクター D-sub 25pin メス
コネクター インチタイプ No.4-40 UNC
ピンアサイン AES59-2012に準拠TASCAMピンアサイン
出力インピーダンス 200Ω以下
適合負荷インピーダンス 2kΩ以上
規定出力レベル +4dBu、
+6dBu(最大出力レベルが+15dBuのときのみ)
最大出力レベル +24dBu、+22dBu、+20dBu、+18dBu、+15dBu
(REF. LEVEL切り換えスイッチの設定による)

デジタル入出力

コネクター RJ-45×2
伝送プロトコル Dante
Gigabit Ethernet規格 1000BASE-T(IEEE 802.3ab)
ケーブル カテゴリー5e以上のSTPケーブル

電源 AC100V、50/60Hz

消費電力 22W 14W

外形寸法 483(W)×45(H)×303.8(D)mm

質量 3.5kg 3.3kg

動作温度 0〜40C

付属品 電源コード、ラックマウントビスキット、取扱説明書(保証書付き)

ANALOG IN → Dante OUT

周波数特性

20〜20k Hz +0.1dB/-0.5dB (-16dBFS入力、Fs=44.1k/48k Hz、JEITA)
20〜40k Hz +0.1dB/-0.5dB (-16dBFS入力、Fs=88.2k/96k Hz、JEITA)
歪率 0.001%以下 (-1dBFS入力、1kHz、Fs=44.1k/48k/88.2k/96k Hz、JEITA)
S/N比 113dB以上 (Fs=44.1k/48k/88.2k/96k Hz、JEITA)
クロストーク 115dB以上 (1kHz、Fs=44.1k/48k/88.2k/96k Hz、JEITA)

Dante IN → ANALOG OUT

周波数特性

20〜20k Hz +0.1dB/-0.5dB (-16dBFS入力、Fs=44.1k/48k Hz、JEITA)
20〜40k Hz +0.1dB/-1.0dB (-16dBFS入力、Fs=88.2k/96k Hz、JEITA)
歪率 0.001%以下 (-1dBFS入力、1kHz、Fs=44.1k/48k/88.2k/96k Hz、JEITA)
S/N比 110dB以上 (Fs=44.1k/48k/88.2k/96k Hz、JEITA)
クロストーク 115dB以上 (1kHz、Fs=44.1k/48k/88.2k/96k Hz、JEITA)

TASCAM関連製品はこちらから

メーカー(代理店)からのお取り寄せ商品でございます。納期については最短でお調べしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。納品についても最短時間を心がけておりますがお時間を頂戴する場合もございます。メーカー(代理店)にて品切れの場合もございますが、その場合は次回入荷迄お待ちいただく事になります。30万円以上の商品、お買い物合計金額が2万円以下の場合は代金引換のご利用は頂けません。掲載画像はシリーズの代表画像を参考として掲載する場合がございます。必ずしも商品名と一致しない場合がございます。予めご了承下さい。オーディオユニオンが出品している新品の商品は正規品未開封のものです。展示機の場合はその都度表記しております。消耗品や故障についてもお気軽にお問い合わせ下さい。海外発送は行っておりません。送料無料・代引き手数料無料!!

◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionTASCAM ML-32D タスカム 32ch Analog Dante Converter:オーディオユニオン - 2fcb2
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-03
カテゴリトップ>PC デジタルオーディオ>D/Aコンバーター
2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.