【配送料無料・2/28(木)18:59まで】ジープラン オーバル エクステンション ダイニング テーブル
G-Plan Oval EX Table / 2Legs(2804-006)
【ダブルデイ/DOUBLEDAY/アンティーク/ビンテージ/家具/雑】
この商品の詳細について
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【配送料無料・2/28(木)18:59まで】ジープラン オーバル エクステンション ダイニング テーブル G-Plan Oval EX Table / 2Legs(2804-006)【ダブルデイ/DOUBLEDAY/アンティーク/ビンテージ/家具/雑】:DOUBLEDAY Onlineshop - e0ff7
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-10-05
カテゴリトップ>テーブル>ダイニングテーブル>G-Plan
生産国イギリス (1960年代 海外直輸入アンティーク)
材質 チーク材他
※詳細は別途お問い合わせください。
サイズ幅1630(2080)×奥行1070×高さ720(mm)
配送便大型家具専門便
※配送日はご指定いただけますが、時間指定は出来ません。
ご了承ください。
その他画像内のチェアは別売りです。
他の商品との同梱はできません。
実際にお届けする商品は画像のものとは異なります。
詳細なコンディション等はお問い合わせ下さい。





G-PLAN OVAL EX TABLE

G-PLAN OVAL EX TABLE

ずっしりとした脚が印象的なG-PLANシリーズのオーバルテーブル。
伸張式で女性でも簡単に補助天板をセッティングできます。

〜G-PLAN(ジープラン)〜
デザイン性に優れ、英国のミッドセンチュリーを象徴するプロダクトとして根強い人気のG-PLAN。
北欧系デザインの家具シリーズ「G-PLAN」は、英国の家具メーカー・E..GOMME社のブランド名です。
英国で初めてスカンジナビアンスタイル(北欧デザイン)を取り入れ
1953年からスタートしたこのシリーズは、1960年にかけて英国で大流行しました。

ITEM DETAIL




補助甲板を広げると幅2085mmになり、ゆったり8人座ることができます。
伸張時、天板と補助甲板とで色・コンディションに差がある場合があります。
ダブルデイでは、ヴィンテージ家具の味わいとしてそのままの状態でご案内しています。



補助甲板の開閉構造は、片手で簡単に操作でき、
今から50年以上前のものとは思えないほどの機能性です。



ホエールレッグ(クジラの尾ひれ)と呼ばれるどっしりと安定した脚は
4本脚と比べ丈夫かつ着席時の脚もとを広く使えるとても機能的なデザインです。












当店では、アンティーク家具を自社工房でメンテナンスしています。
ご注文からお届けまでの流れ
大型アンティーク家具のご購入時の注意事項

送料の基本料金表

北海道30,769円
【北東北】
青森県・岩手県・秋田県
24,472円
【南東北】
宮城県・山形県・福島県
20,530円
【関東】
茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県
千葉県・東京都・神奈川県・山梨県
18,176円
【信越】
新潟県・長野県
18,176円
【北陸】
富山県・石川県・福井県
14,601円
【中部】
岐阜県・静岡県・愛知県・三重県
14,601円
【関西】
滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県
奈良県・和歌山県
9,504円
【中国】
鳥取県・島根県・岡山県
広島県・山口県
15,260円
【四国】
徳島県・香川県・愛媛県・高知県
14,893円
【九州】
福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県
大分県・宮崎県・鹿児島県
20,530円
沖縄県32,648円



(ジープランテーブル/ダイニングテーブル/楕円形/伸縮/伸張式/幅160/チーク/ホエールレッグ/20150713)【ダブルデイ/アンティーク/家具/雑貨】

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.