◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description【キャビネット・チェスト】 >LINEキャビネット:DDform - dc1da
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-16

LINE キャビネット スタンダードタイプ

北欧 テイスト ミッドセンチュリー ナチュラル チェスト リビングボード 木製 シンプル 国産 完成品 無垢 ウォールナット メープル 天然木 日本製 家具 nolsia 野中木工所
商品詳細
商品名
LINE キャビネット スタンダードタイプ

お知らせ
受注生産品です。お届けまで2ヶ月〜3ヶ月程度かかります。お急ぎの方はご注文前に納期をお問い合わせください。

代金引換(代引き)はご利用いただけません。その他のお支払い方法をお選びください。

サイズ
本体幅180cm×奥行き45cm×高さ65cm

開き戸の内寸 幅86.4cm×奥行き41.1cm×高さ49.6cm(棚板無しの状態)

上段引き出し内寸 幅35.2cm×奥行き37.4cm×高さ4.3cm×2杯

2段と3段目引き出し内寸 幅80.2cm×奥行き37.4cm×高さ6.7cm×2杯

下段引き出し内寸 幅80.2cm×奥行き37.4cm×高さ14.5cm

材質
ウォールナット メープル(扉:無垢 その他:突き板)】桐】ステンレス

仕上げ:透明オイル塗装

オプション
上記の寸法に納まらない機器をお持ちの場合でも、 別注にてサイズオーダーをお受けすることが出来ます。(お見積もり無料)

商品説明
天然木を使用しておりますので、商品により木目や色合いが異なります。木目や色合いが写真と違う(イメージ違い)ということでの返品・交換はお受けできませんので、予めご了承ください。

ご覧になる写真の色は、お使いのブラウザや設定、お部屋の照明などによって実際の商品の色と多少異なる場合がございますので、予めご了承ください。

送料・配送について

開梱設置配送です。配送員が2人でお伺いし、搬入から設置まで行います。

ご注文の前に設置場所までの搬入経路を必ずご確認下さい。

北海道、沖縄、離島のへのお届けは別途送料がかかります。

DDformのDDはDirect Design Delivery 直接お客様にデザインをお届けするという意味が込められたいます。北欧モダン系を中心にお客様に自分の城を築いてもらうお手伝いができるようオリジナル家具を中心に提案していきます。
DDformは無垢材ではウォールナット、ブラックチェリー、ホワイトオークを中心、に突板材ではウォールナット、ブラックチェリーホワイトオーク、チーク、ウェンジウッドを中心に天然素材を生かしたモノづくりを行っています。材料はすべて安全で信頼のあるF☆☆☆☆材を使用しております。
DDformは家具メーカーとしてアクタス・カリモク・ボーコンセプト・カッシーナのようなブランド家具としてネットショップで認知していただけるよう日々精進してまいります。
DDformでは自社工場から直接お客様にお届けすることにより中間マージンを省き、よりコストパフォーマンスに優れた商品をお届けしております。オーダー対応や在庫商品でもオプション加工してお届けできる商品もございますので、気兼ねなくお問い合わせください。

【開梱設置無料】

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.