FUJI (フジ)
2019モデル BALLAD OMEGA マットブラック
サイズ43 (165-170cm)
ロードバイク
(1928renkyupd)(20181005FUJI2019)(新品20181005)
◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#descriptionFUJI (フジ) 2019モデル BALLAD OMEGA マットブラック サイズ43 (165-170cm) ロードバイク:クラウンギアーズ - ceff2
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2020-02-11
カテゴリトップ>ブランド別>F>FUJI (フジ)
■他サイズはこちら
・サイズ43 ・サイズ49・サイズ52
・サイズ54 ・サイズ56 ・サイズ58





■状態:新品


■商品説明

・FUJI(フジ)

1899年にFUJIの産みの親である岡崎久次郎が日米商店を創業。
1930年に実用車を主な商品として飛躍的に生産台数を上げ、この時代の代表モデル「覇王号」は高級実用車として日本のみならずアジア諸国でも人気を博した。
1951年には、団塊の世代にとって青春の一台「富士フラッシャーシリーズ」など数々のヒット商品を生み出す。
1970年台に入って本格的に海外に進出し、Shimano Dura Aceを最初に装着したメーカーとしても知られ、ここからアメリカでの黄金の80年代へと突入します。
2008年から日本のスポーツバイクシーンにフィットした限定商品の開発に着手。
定番の人気モデルとなったFeatherやクロスバイクの数々はこの時期からリリースされる。
2012年よりカスタムバイクコンテスト「FUJISM AWARD」をスタート。
超ハイスペックな競技バイクからビンテージレストア、そしてストリートカスタムまで個性溢れる多種多様なバイクがカラーオーダー出来るサービス「FUJI REMIX」を開始。
日本のロードバイク界で最も有名なメーカーとして、これまでのFUJIの歴史から伺えます。



・BALLAD OMEGA

アーバンクロモリバイクの定番バラッドシリーズのトップグレードとなるオメガ。
バテッドクロモリ管を採用したプラットフォームにシマノSORAを搭載。
カラーリングはブラックとクロームフィニッシュの2色展開。オールブラックで統一されたパーツも相まって、BALLAD Rの持つクラシカルな雰囲気とはまた違った精悍でスタイリッシュなイメージを演出。
また、高い拡張性はストリートカスタムからライトツーリングスタイルまで様々な用途に対応。
全6サイズであらゆる体型にジャストフィット。


■スペック

・サイズバリエーション:43cm / 49cm / 52cm / 54cm / 56cm / 58cm
・カラー:Matte Black
・フレーム素材:Fuji Elios 2 custom butted CrMo w/ outer butted seat tube
・フォーク素材:Fuji 1" Custom Triple Butted CrMo, Lugged Crown
・クランク:Sugino XD2000D 50-34T
・ペダル:Wellgo alloy
・フロントディレーラー:SHIMANO SORA
・リアディレーラー:SHIMANO SORA 9-Speed
・シフター:SHIMANO SORA STI
・カセット:SHIMANO 11-28T 9-speed
・ホイール:Fuji custom made alloy wheel w/ Aero bladed spoke 20/24H
・タイヤ:Vera Helios 700×25C
・ブレーキ:Fuji alloy
・ブレーキレバー:Shimano SORA STI
・ヘッドセット:Tange 1 threaded alloy head set
・ハンドルバー:Fuji alloy Classic Racing drop
・ステム:Fuji alloy 1 quil
・サドル:Fuji custom race
・シートポスト:Fuji Micro Adjust Alloy 27.2mm
・参考重量:10.3kg



■ジオメトリー

・シートチューブ(mm):430
・トップチューブ(mm):510
・ヘッドチューブ(mm):95








【バラッドオメガ】

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.