◆ 回 転 移 相 式 渦 流 探 傷 に 関 す る 説 明
回 転 移 相 式 渦 流 探 傷
渦流試験の原理
#description家具インテリア >収納 >壁面収納 >壁面収納家具◆チョイスR >板扉:カグマル - 24d84
回転移相の原理

回 転 移 相 の 効 果
keywords#

2019-08-12

壁面収納家具 チョイスR 板扉タイプ 幅57.5cm 高さ180cm 奥行43.8cm 【受注生産】【代引不可】 壁面収納 壁収納 壁面家具 ユニット家具
年内配送

安心の日本国内製造

  • 当商品は受注生産品につき、代金引換はご利用いただけません。商品をお確かめの上ご注文ください。
  • 商品のお届けまで約40日から45日程度をいただきます。お届けエリア・年末年始・お盆期間などメーカー休業により納期が延びる場合がございますのでお問合せください。
  • 商品は玄関先でのお渡しとなります。組立をご希望の場合「開梱・設置サービス」を別途ご注文ください。
  • 誠に勝手ながら沖縄県・離島へのお届けは出来ませんのでご了承ください。

機能的でスッキリさが魅力の壁面ユニット「チョイスR」

組み合わせ自由自在。自分らしいライフスタイルを演出。

特徴
壁面収納製造で国内有数の実績のあるメーカーにより国内工場で受注生産する、安心の日本製家具。
健康への影響が懸念されているホルムアルデヒドの発生を最小限に抑えた素材「F☆☆☆☆合板・接着剤」を主材にした家具です。

キャビネット・TVボードには巾木よけと側面に配線孔を標準装備。壁にぴったり設置でき、設置後のケーブル等の配線にも苦労しません。
扉は扉板に引っ掛けて開ける方式で、取っ手のないスッキリしたデザイン。
さらに耐震ラッチにより、地震等で家具の揺れ等により、収納物の飛び出しを軽減する効果があります。
カラー
ホワイト、ナチュラル、ダーク
※カラーの板見本を無料でお送りしています。ご希望の場合は「お問合せ」から「板見本希望」と明記の上送信ください。
材質
【前面】
ホワイト、ダーク:化粧板(熱硬化性樹脂成形シート張り)
ナチュラル:化粧板(オレフィンシート張り)

【側面】
化粧合板
サイズ
幅57.5×奥行43.8×高さ180cm
図面はこちらよりダウンロードできます
備考

完成品(日本製)
本体は上置きなしでも使用可能ですが、天井突っ張りはできません。上置きをご注文の場合は、天井高さからマイナス182cm(本体高さ+ゆとり2cm)の上置き高さでご注文ください。

施工不要で賃貸でも安心!
基本は置くだけ!ビス等を使う施工は不要です。
天井に対しては、アジャスターと突っ張り板でがっちり固定。

Rチョイス 壁面収納家具 幅オーダー 高さオーダー 上置きカット加工 梁避け加工

カラーの板見本をご希望の方はこちら
【無料送付】カラーの板見本をご希望の方はこちら


機能的でスッキリさが魅力の壁面収納家具チョイスR。板扉タイプのキャビネット。 壁面収納 壁収納 壁面家具 ユニット家具

2.#description
図 3 図 4

図3は一般的に使用されているホイストンブリッジの渦電流式欠陥検出用ブリッジ回路です。
出力条件  平衡時(出力ゼロ)  L1:R2=L2:R1
欠陥検出出力時  |L1-L2| になります。
図4は、図3の検出部(コイル)を示したもので、貫通型の欠陥検出を示します。上記図3及び図4の様に接続することによって欠陥出力が可能です。
検出される出力は、交流電源(AC)を使用しているため電流変化と位相変化が現れます。又、検出部にコイルを使用しているために変化量はインピーダンスの変化によって、変化した電流変化値と位相変化値となって現れます。
図 5 図 6

図5は、貫通型検出コイル中に非磁性金属片Cを挿入して時の図であり、検出コイルに一定交流電源を接続して交流を流した時に発生するベクトル図を図6に示します。
検出コイルは、一般にRとL(インダクタンス)との合成で成り立っています。
図5の金属片Cの良部BをL o中におかれているとき図6のZ1でθ1の位相角度になりあます。又、金属片Cを移動し、L o中に疵部Aをおいた時、図6のZ2でθ2に変化します。
この時、良部と疵部の位相変化量は、
|θ2-θ1|=θ3となり条件(金属材質、寸法、コイルインピーダンスR・ωL、交流周波数)を変えない限りこの値は一定となります。
従って、一般的な渦流探傷方法では、一定条件での欠陥検出の位相角変化は理論上不可能です。
今回、開発した渦流探傷器は、上記一定条件において、疵の位相角度を任意に可変出来る装置です。
(国際特許)
(欠陥検出装置のベクトル表示)
図 7

3.回転移相の原理
流探傷器は、従来の渦流探傷器で使用されているコイルインピーダンスのベクトル変化量(図7左図の位相変化量θ3)での検出のみでなく、検出コイル内での磁束の変化も検出し、制御コイルによりコイル内部の磁束が一定となるように磁束を制御しています。
検出コイル内に金属材料が挿入されますと、コイル内のガタ信号(ノイズ信号)によりコイルインピーダンスは変化します。
この時、金属表面に疵が発生していますとコイルインピーダンスのベクトル量と、磁束の変化量も変わり制御コイルからの信号と検出コイルからの信号により欠陥の検出が可能となります。
この制御コイルからの、制御信号の位相を変化させることで、通常分離が出来にくかった疵信号とガタ信号(ノイズ信号)の位相差を任意に変化(図7右図)させることができます。
回転移相型コイルは、図8の構成となっています。
図 8

従来の渦流探傷器では、L1とL2の検出回路で構成されており、|L1-L2|のベクトル変化量
(図7左図のθ3)の情報でしかないので条件を変えない限りこの位相差は一定となり、このままではSN比は向上しません。
図 9

図9のコイル空心時の磁束本数をφa(この値は一定)とします。そのコイルに金属材料を挿入しますと、金属材
料の磁束本数がφbとなり内部空間磁束と金属材料内磁束の関係は、φa-φb:φbとなります。
この状態で疵部にきますと金属材料の体積が減るため金属材料内の磁束本数が減り金属材料内の磁束本数はφb-⊿φとなります。又、この⊿φが疵信号とガタ信号の位相差に相当します。
従って、この⊿φの値を変化させることで疵信号とガタ信号の位相差を任意に変化させることができます。これが回転移相の原理です。 又、磁束と電流の間には、φ=I/Tの関係から、電流Iを変化させれば磁束が変化します。又、図10のベクトル図において、RとVは同相であり、又、ωLとIが同相であることから電流Iを変化させることで疵信号とガタ信号の位相差θ3が変化します。
図 10

◆ 回 転 移 相 の 効 果
keywords#
SUS304、φ10㎜、深さ50μm
従来方式 回転移相方式


磁性材、コーナー部クラック疵、深さ20μm、長さ0.2㎜
従来方式 回転移相方式



Copyright (C) Nihon Estekku Co.,Ltd. All Rights Reserved.